ウォーキングダイエットを始めよう

ダイエットのためにウォーキングを始めました。このブログでは、私の経験も交えて、気軽に始められるウォーキングダイエットについて情報を提供したいと思います。

糖尿病予防とウォーキング

暴飲暴食と運動不足がたたって、遂に糖尿病になってしまいました。

糖尿病は、自覚症状はほとんどないのですが、サイレントキラーと呼ばれるように、潜在的に進行してゆき、最終的には、失明や腎不全、脚の壊疽などを起こし、心筋梗塞で亡くなったりと、命に関わる重大な病です。

それで、最近、自分自身の健康管理のために糖尿病のブログを始めました。
>>>> 糖尿病 闘病日誌

中年になられた方は、節度のある食事と、ウォーキングなどの運動で、糖尿病を予防しましょう。

毎日きっちりウォーキングやランニングがしたい人には、こういう室内での運動器具が役立ちます。設置スペースがあれば、雨の日などに運動できるので、ぜひ揃えたい一品です。

ウォーキング補助グッズを活用する

ウォーキングには、時間が掛かります。

家事や仕事の合間を利用して行っているわけですから、出来るだけ効率よく脂肪燃焼したいですね。

最近流行の加圧エクサパンツを履くのも効果的です。また、マッスルトレーナーといった、ウォーキング専用の重い靴も通販で売られています。

このマッスルトレーナーは、30分間、履いて歩けば、300kcalが消費できるというものです。

こうしたウォーキング補助グッズを利用すると、急激には無理ですが、いつの間にか、1ヶ月で体重が5kg、ウエストが10cmも減ってたっていう人が多いようです。

ただ、普通に歩くだけでなく、色んな工夫をして、ウォーキングを有意義にしたいですね。

ウォーキングとサイクリング

歩く以外に、走るという選択肢しかないのでしょうか。

いいえ、自転車に乗る(サイクリング)という選択肢もあります。

サイクリングでダイエットを試みている人も少なくないようです。たまに、年配の方が、三角のの細長いヘルメットをかぶって自転車をこいでいるのを見かけることがあります。

体重を減らす時にサイクリングはどのような役に立つでしょう。

無理矢理運動する時間を確保するのではなく、日々の生活の中にサイクリングする習慣を組み入れることによって、ごく自然に運動を行いダイエット効果を上げることができます。

無理強いで、食事のコントロールや過酷な運動をするのでは続きません。自転車を活用してごく自然に運動をする習慣を作れるなら素晴らしいことです。

スポーツジムなどにエアロバイクが置いてあるように、サイクリングは、ダイエット効果や、脚の筋肉を鍛えるのに好都合なマシンなのです。

ウォーキングに比べて、進む距離も大きいですから、いろいろな用が足せます。通勤に自転車を利用する人もいますし、日常の買い物を自転車で済ますこともできます。

つまり、運動と意識せずとも、日常生活の中で、サイクリングを習慣的に行うことができるのがメリットです。

長距離をサイクリングすることで、有酸素運動にもなりますし、坂道を登れば、相当な筋肉トレーニングにもなります。

ウォーキングだけにとらわれず、ウォーキングのバリエーションの一つとして自転車、つまりサイクリングも取り入れてみてはいかがでしょうか。

【PR】
ヤーマン エクサパンツ サウナスーツ 30 up club ホリデー車検 安心車検

ウォーキングでまずは体重を軽くして・・・

元横綱の曙が東京マラソンに参加するという記事がヤフーニュースに出ていましたね。その記事を読んで、私は、絶対に完走は無理だ、という記事を書きました。

曙にマラソンは無理。膝が壊れます。

体重200キロで41.295キロを走ったら、膝の関節が潰れますよね。

絶対完走すると言っているそうですが、は、あまり深く考えずに、何でも成功できると考える癖があるようです。K-1で何度ノックアウトされたことか、それでも懲りないんですね。

せめて、150キロに絞るのならまだしも、100キロ台にすると言っているので、恐らく190キロ台でしょう。重すぎます。

これを他山の石として考えるならば、私は、まず、ウォーキングで体重を落とし、現90キロ→70キロ台前半にまで軽くしてから、マラソンへの挑戦を考えるべし、ということになると思います。

私も最近3キロほどダイエットで落としましたが、それでも90キロの巨体です。マラソンには、70キロ前後にまで行かないと難しいでしょうね。

やはり、ウォーキングと摂食で、ダイエットが必要です。

辻ちゃんの湯豆腐ダイエットが今人気ですかね。豆腐でも納豆でも、大豆はダイエット効果大ですからね。

おからクッキーダイエットもよさそうですね。

ウォーキングで基礎体力づくり

ウォーキングを始めよう、という記事を前回書きましたが、まずはウォーキングから始めて、持久力や筋力が付いてきたら、マラソンに挑戦ということもアリですね。

ネットでこんなニュースを見ました。

安田美沙子3・22東京マラソンに挑戦

安田美沙子ちゃんは、中学高校とバスケットボール部に所属していたスポーツマンです。したがって、初挑戦のホノルルマラソンで、たった4か月の練習で4時間を切るという凄いことをやってのけました。

今度は東京マラソンに参加するそうです。

まずは、ウォーキング、いずれはマラソン、というのも夢として楽しいですね。

特にホノルルマラソンを完走すれば、一生の思い出になりますから、参加を目指すのも面白そうですね。

安田美沙子さんの場合、最初はジムで4~5キロを走り、徐々に距離を延ばして最終的には25キロまで走り込んで本番に挑んだ、ということです。

最初は4~5キロを走って体力づくりというところからスタートしていますね。われわれは、まずは、4~5キロをウォーキングで体力づくりから始めるといいかもしれませんね。早足のウォーキングだと、マラソンとそれほど違いはないですからね.

安田美沙子に対抗心を燃やすメタボオヤジ
記事検索
加圧エクサパンツ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ